簡易エフェクタを使ったフェードイン

CINEMA 4DおよびBodyPaint 3Dに関する一般的な議論や情報交換をするフォーラムです。
Post Reply
LiquidMA
Posts: 64
Joined: 2014年2月04日(Tue) 15時48分

簡易エフェクタを使ったフェードイン

Post by LiquidMA »

お世話になっております。

クローナーで複製したオブジェクトを簡易エフェクターにてZ軸奥から手前に移動させるモーションに
動き出しと同時にフェード(もしくはチカチカっと点滅してフェードイン)をかけたいのですが
どのようにすればいいのか?試行錯誤しているのですがご教授いただけないでしょうか?

オブジェクトは1700ほどあるドットで構成させたイラストです
数が多すぎアフターエフェクトでは処理が追い付かずc4dのが早いかなと思い作成に至った次第です

R21
WIN10

宜しくお願い致します。

tofuji
Posts: 987
Joined: 2011年3月10日(Thu) 10時41分
Location: 東京都渋谷区

Re: 簡易エフェクタを使ったフェードイン

Post by tofuji »

1. 普通は「スケール」の値を0〜1の範囲で変更します。
軽いですが、半透明な状態は扱えません。

2. 「可視性」を使うと重くなりますが、半透明な状態を扱えます。

3. カメラが並行投影であれば、「回転」で表示させることもできます。

 それぞれ微妙に見え方が異なりますが、どれを使うかは演出と好みの問題です。
---

Toshio Fuji<gtofuji@gmail.com>

掲示板に書いたサンプルのまとめサイト
http://www2.11moon.com/index_as.html

LiquidMA
Posts: 64
Joined: 2014年2月04日(Tue) 15時48分

Re: 簡易エフェクタを使ったフェードイン

Post by LiquidMA »

tofuji様


お世話になっております。
ご返答ありがとうございます。
「2」を模索してみます

ありがとうございました。

tofuji
Posts: 987
Joined: 2011年3月10日(Thu) 10時41分
Location: 東京都渋谷区

Re: 簡易エフェクタを使ったフェードイン

Post by tofuji »

間違えました。
「可視性」は2値なので、半透明を扱えません。

クローンをイフェクターで半透明にするには、まずクローンにイフェクターとフィールドでカラーを指定し、そのカラーを「MoGraphカラー」シェーダーを使って、マテリアルの「アルファ」チャンネルに渡す必要があります。

サンプルファイル
http://www2.11moon.com//sample_files202 ... _trans.zip
---

Toshio Fuji<gtofuji@gmail.com>

掲示板に書いたサンプルのまとめサイト
http://www2.11moon.com/index_as.html

LiquidMA
Posts: 64
Joined: 2014年2月04日(Tue) 15時48分

Re: 簡易エフェクタを使ったフェードイン

Post by LiquidMA »

tofuji様

サンプルファイルありがとうございました
中を見て確認したのですが
ひとつよろしいでしょうか?

Plain(簡易)の設定
パラメーター < カラー < カラーモードをカスタムカラーで黒

マテリアル
「アルファ」にチェックを入れてカラーシェダー

で一先ずクローナーで適用されたオブジェクトを透明にすることが、できるのはわかりましたが
なぜアルファチャンネルにPlain(簡易)のカラーが適用されるのか?がわかりません
どこかチェックを入れなければ
マテリアルの「カラー」に適用されて、オブジェクトそのものが黒に変わると思うのですが...


Plain(簡易)の設定のアルファ/強度を使うのチェックを外しても適用されるので
理屈をご教授いただけないでしょうか?

宜しくお願い致します。

因みに
3dの透明は2Dの透明とは違い
立方体だと立方体自体の向こう面?が透けて見えます。これを回避することは可能なのでしょうか?

tofuji
Posts: 987
Joined: 2011年3月10日(Thu) 10時41分
Location: 東京都渋谷区

Re: 簡易エフェクタを使ったフェードイン

Post by tofuji »

>>なぜアルファチャンネルにPlain(簡易)のカラーが適用されるのか?がわかりません

「MoGraphカラー」シェーダーが使われているからです。

「MoGraphカラー」シェーダーの本来の働きは、オブジェクトの「基本 -> カラー(エディターでの表示色)」の値を読むことです。
これはMoGraph以前からある機能で、MoGraphはこの機能を利用して、イフェクター等でクローンの色を変更します。
クローナーを編集可能にし、クローンを通常のオブジェクトに変換してもカラーが変わらないのは、この仕様のおかげです。

流れとしては、簡易イフェクターがクローンの「基本 -> カラー」の値を変え、それを「MoGraphカラー」シェーダーが読み、
マテリアルのアルファチャンネルの値として使っている、ということです。


---

>>どこかチェックを入れなければ
>>マテリアルの「カラー」に適用されて、オブジェクトそのものが黒に変わると思うのですが...

 マテリアルが適用されたクローンでは、クローンの色は無視され、マテリアルの性質(色、発光、アルファ等)が適用されます。

 この時、マテリアルの「カラー」は任意に変更できます。
クローンの色をマテリアルのカラーに反映させたい場合は、カラーチャンネルに「MoGraphカラー」シェーダーを適用します。


---

>>因みに、3dの透明は2Dの透明とは違い
立方体だと立方体自体の向こう面?が透けて見えます。これを回避することは可能なのでしょうか?

オブジェクトの「裏面」に透明なマテリアルを適用すれば簡単に回避できます。
オブジェクトの裏面にだけマテリアルを適用するには、テクスチャタグの「貼る面」の値を「両面」から「裏だけ」に変更します。

ただし、オブジェクトの形状が複雑で、奥に表面が見える場合この方法は使えません。
その場合は、オブジェクトがある絵と、ない絵と、オブジェクトバッファ(マスク)を書き出して、後で2D処理で透明にします。
しかしこの方法だと、奥の面だけでなく、奥に見えるはずの「別のオブジェクト」まで消えてしまいます。

そこまで問題になる場合は、原理的にどうしようもないので、絵を見ながらいろんな方法を使ってごまかします。
---

Toshio Fuji<gtofuji@gmail.com>

掲示板に書いたサンプルのまとめサイト
http://www2.11moon.com/index_as.html

Post Reply