UV座標Aで貼り付けたテクスチャをUV座標Bでベイクする

CINEMA 4DおよびBodyPaint 3Dに関する一般的な議論や情報交換をするフォーラムです。
Post Reply
tofuji
Posts: 993
Joined: 2011年3月10日(Thu) 10時41分
Location: 東京都渋谷区

UV座標Aで貼り付けたテクスチャをUV座標Bでベイクする

Post by tofuji »

UV座標Aで貼り付けたテクスチャを、UV座標Bでベイクする方法について説明します。

以下のようなオブジェクトにテクスチャをベイクする場合、テクスチャを貼るためのUV座標Aと、
テクスチャをベイクするためのUV座標Bは異なります。

Image

UV座標Aの目的はメッシュのテクスチャをリングに貼ることで、UV座標の大きさはテクスチャ(シェーダー)に合わせてあり、重なっています。
それに対して、UV座標Bの目的は照明やGIアンビエントオクルージョンの効果をテクスチャにベイクすることなので、
重ならないように展開してあります。

つまり、テクスチャをベイクする際に二つのUV座標を使い分ける必要があるのですが、このやり方がなかなか面倒です。
まず、テクスチャタグとUV座標のセットを二個作り、一つはレンダリング用、もう一つはベイク用とします。
そして、レンダリング用のテクスチャタグを右(結果的に上になる)に置き、ベイク用のテクスチャタグをテクスチャを焼成タグにリンクすると、
結果的にうまく二つのUV座標を使い分けることができます。

解説ムービー
http://www2.11moon.com/sample_files2018 ... exture.mp4

サンプルファイル
http://www2.11moon.com/sample_files2018 ... xture6.zip
---

Toshio Fuji<gtofuji@gmail.com>

掲示板に書いたサンプルのまとめサイト
http://www2.11moon.com/index_as.html

Post Reply