BlockBuster_2013

CINEMA 4DおよびBodyPaint 3Dに関する一般的な議論や情報交換をするフォーラムです。

BlockBuster_2013

投稿記事by tofuji » 火 3 26, 2013 1:18 pm

 私の最初期のThinkingParticles作品「BlockBuster」をR14で動くようにアップデートしました。

http://www2.11moon.com/sample_files2013 ... r_2013.mp4 
http://www2.11moon.com/sample_files2013 ... r_2013.zip

 11年前の作品です。元ネタは宮田さんです。
COFFEE使ってないし(当時はまだCOFFEEノードがなかった)、いろいろ工夫されているので、
調べるといい勉強になると思います。


---

 「BlockBuster」はR8の最初のバージョンでしか動かなかったのですが、理由はTPノードの値の出し方が変わったからです。

 初期のTPでは、「PDeflector」ノードが衝突を検知すると、「イベント」ポートから「1(TRUE)」が出力され、
その後「未定義(もしくは値を出力しない)」になっていました。
 そして、「PDeflector」に接続されたノードの値は、衝突が終わった後も「1」を保持していました。

 ところが、「未定義」とか「不定」というのは扱いが難しいので、また標準のXPressoノードはそのような動作をしないので、
TPノードも衝突していない時に「0(FALSE)」を出力するように変更されました。
 その結果、「PDeflector」に接続されたノードの値は、衝突時だけ「1」になり、衝突が終わった後は「0」に戻るようになりました。


 今回のアップデートでは、衝突が終わった後も「1」の値が保持されるように、「PDeflectorに接続されたノード」の側に細工しています。
つまり、「PDeflectorに接続されたノードの値が0の時だけ値を受け取る」という制限を加えたのです。
このようにすると、「値が0の時に1を受け取る」ことはできますが、「値が1の時に0を受け取る」ことはできなくなり、
結果的に初期のバージョンと同じように動作します。

 値のリセットは、タイムマーカーを0に移動するとリセットされるように、キーフレームアニメーションでやっています。
---

Toshio Fuji<gtofuji@gmail.com>

掲示板に書いたサンプルのまとめサイト
http://www2.11moon.com/index_as.html
tofuji
 
記事: 826
登録日時: 木 3 10, 2011 10:41 am
お住まい: 東京都渋谷区

Return to ユーザフォーラム

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: Bing [Bot] & ゲスト[2人]