位置キーの間を強制的に直線補間するXPresso

CINEMA 4DおよびBodyPaint 3Dに関する一般的な議論や情報交換をするフォーラムです。
BUTTON_POST_REPLY
tofuji
記事COLON 828
登録日時COLON 2011年3月10日(木) 10:41
お住まいCOLON 東京都渋谷区

位置キーの間を強制的に直線補間するXPresso

投稿記事 by tofuji » 2013年7月22日(月) 01:25

 位置キーの間を強制的に直線補間するXPressoを作りました。

 AfterEffectsのユーザーはこの機能がないと困るようなのですが、
普通のCINEMA 4Dユーザはそもそも位置トラックなんてほとんど使わないし、
作ったとしてもXYZのキーがそろっている場合なんて皆無なので、何の使い道もないと思います。

説明ムービー
http://www2.11moon.com/sample_files2013 ... ration.mp4
サンプルファイル
http://www2.11moon.com/sample_files2013 ... ration.zip

 
 このXPressoは、選択した軸のFカーブを、強制的に他の軸にも適用します。
その結果、オブジェクトはキーの間を直線的に移動するようになります。

 ただし、オブジェクトがXYZ全ての位置トラックを持ち、
全てのトラックが同じ数のキーを同じ時間に持っている必要があります。
---

Toshio Fuji<gtofuji@gmail.com>

掲示板に書いたサンプルのまとめサイト
http://www2.11moon.com/index_as.html

tofuji
記事COLON 828
登録日時COLON 2011年3月10日(木) 10:41
お住まいCOLON 東京都渋谷区

Re: 位置キーの間を強制的に直線補間するXPresso

投稿記事 by tofuji » 2013年7月22日(月) 23:28

 キーの補間をコントロールする方法として「時間トラック」を使う、という考え方があるようですが、
時間トラックは、R10以降のCINEMA 4Dではほとんどのアニメーションで役に立ちません。

 理由は、R9までのCINEMA 4Dでは、時間トラックがシーケンスに適用されていたのに対して、R10以降ではトラックに適用されるからです。

 つまり、R9までなら一つのトラックにキーがたくさん含まれていても、ある特定の2個のキーの間にシーケンスを作成し、
そのシーケンスに時間トラックを適用することで、この2個のキーにだけ時間トラックを適用することができました。

 しかし、R10以降ではシーケンスが廃止されたため、時間トラックはトラック全体(つまり全ての時間と全てのキー)に適用されるようになりました。
その結果、中間のキーが時間トラックのどこに存在するのか判らなくなり、
時間が長くなったり、キーが増えると事実上時間トラックを使うのは不可能です。
 
 CINEMA 4Dのアニメーション機能はR10で壊滅的にダメになったのですが、時間トラックもその一つの例です。

 
 この問題がよくわかるようにサンプルを用意しました。時間トラックを使って同じことをやってみてください。

「スプラインに沿う」タグを使う方法
http://www2.11moon.com/sample_files2013 ... pline3.mp4
http://www2.11moon.com/sample_files2013 ... pline3.zip

「Unnatural_key_interporation」XPressoを使う方法
http://www2.11moon.com/sample_files2013 ... resso3.mp4
http://www2.11moon.com/sample_files2013 ... resso3.zip
---

Toshio Fuji<gtofuji@gmail.com>

掲示板に書いたサンプルのまとめサイト
http://www2.11moon.com/index_as.html

BUTTON_POST_REPLY