R16の反射チャンネルを複数選択、編集するXPresso

CINEMA 4DおよびBodyPaint 3Dに関する一般的な議論や情報交換をするフォーラムです。

R16の反射チャンネルを複数選択、編集するXPresso

投稿記事by tofuji » 金 10 17, 2014 12:56 am

 この投稿ではXPressoを説明しますが、CINEMA 4D R16の致命的な欠陥に関係しているので、ユーザーフォーラムに書きます。

 CINEMA 4D R16では従来の「鏡面反射」と「スペキュラ」チャンネルが廃止され、新しく「反射」チャンネルができました。
しかし、この反射チャンネルには「複数選択、編集ができない」という致命的な欠陥があります。

 つまり、マテリアルの反射の値を調べたり、編集するには「一個一個マウスで選択して、調べて、編集する」という作業が必要です。
 このような仕様は、せいぜいマテリアルを10個20個しか作らないMAXONのプログラマーや、CINEMA 4Dのベータテスター、雑誌記事の執筆者には問題ないかもしれませんが、
私のように数百個以上のマテリアルを普通に作る仕事をしている人間には到底受け入れられません。


 したがって、R15が手元にあって、多数のマテリアルを扱う仕事をしている人はR15を使い続けることをお勧めします。
また、R14が手元にあってNETを使っている人は、R14を使い続けた方がいいです。

 しかし、最近CINEMA 4Dを購入した人はR16を使うしかありません。

 そこで、R16の反射チャンネルに関して最低限の「複数選択、編集」を可能にするためのXPressoを作りました。
 素人の私が2時間で作れるプログラムを、数十人のプログラマを抱えたMAXONが一年間かけても用意できないというのは、全くもって不思議です。

http://www2.11moon.com/sample_files2014 ... editor.zip
 

 使い方は以下の通りです。

http://www2.11moon.com/sample_files2014 ... editor.mp4


 このシーンには「ref_editor」というXPresso付きのオブジェクトがあり、4個のユーザーデータがあります。

1. 「check」
 このボタンを押すと、複数選択したマテリアルの「名前」及び、反射チャンネルの「全ての鏡面反射の明るさ」と「全てのスペキュラの明るさ」の値がコンソールに表示されます。

2. 「global_reflection」
 「全ての鏡面反射の明るさ」の値を指定します。

3. 「global_specular」
 「全てのスペキュラの明るさ」の値を指定します。

4. 「update」
 このボタンを押すと、複数選択したマテリアルの反射チャンネルの「全ての鏡面反射の明るさ」と「全てのスペキュラの明るさ」の値が、2.と3.で指定した値に更新されます。
---

Toshio Fuji<gtofuji@gmail.com>

掲示板に書いたサンプルのまとめサイト
http://www2.11moon.com/index_as.html
tofuji
 
記事: 796
登録日時: 木 3 10, 2011 10:41 am
お住まい: 東京都渋谷区

Return to ユーザフォーラム

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[4人]

cron