IESライトについて

CINEMA 4DおよびBodyPaint 3Dに関する一般的な議論や情報交換をするフォーラムです。
BUTTON_POST_REPLY
tofuji
記事COLON 828
登録日時COLON 2011年3月10日(木) 10:41
お住まいCOLON 東京都渋谷区

IESライトについて

投稿記事 by tofuji » 2014年11月18日(火) 22:39

 先週の講習会でIESライトに関する質問があったのですが、配光データ(IES)は絵作りには使えません。
理由は、配光データには初めからシェードのデータが含まれているため、シェードを追加できないからです。

 配光データは、もともと照明のシミュレーションをするために考えられたもので、シェードを付けた状態で測定します。
というか、配光データは8割方シェードのデータです。ライト(電球)のデータではありません。

 したがって、照明シミュレーションをする時には、単純化した部屋の中にIESライトを並べて実験します。シェードは置きません(邪魔になるので置けません)。

 しかし、照明シミュレーションの結果は、どんなに照明が正確でも絵としては使えません。
ライトそのものは見えず、シェードがなく、結果的にそれらのガラスや床への写り込みもないからです。

 というわけで、絵作りが目的であるなら、普通のライト(全方向やスポット)をシェードの中に入れて作るしかありません。
 もちろん、シェードを作る際の参考としてIESデータを使うのは構いませんが、私はいつも写真を参考にして作っています。


IESライトに関する説明ムービー(51分)
http://www2.11moon.com/sample_files2014 ... _light.mp4
---

Toshio Fuji<gtofuji@gmail.com>

掲示板に書いたサンプルのまとめサイト
http://www2.11moon.com/index_as.html

BUTTON_POST_REPLY