ページ 11

文字のエンボス(添付ファイル修正しました)

PostedCOLON 2011年4月24日(日) 11:10
by tofuji
 こんにちは冨士です。

 講習会で文字のエンボスに関する質問を受けました。文字のエンボスは、昔はポリゴンモデリングで表現していたのですが、現在では「サブポリゴン変位」という機能を使って表現するのがいいと思います。基本的にテクスチャですから、容易に変更でき、アニメーションもできます。

http://www2.11moon.com/sample_files/201 ... emboss.jpg
http://www2.11moon.com/sample_files/201 ... emboss.zip


 ただし、いくつか注意点があります。

1. サブポリゴン変位は、R12の場合VisualizeとStudioでしか使えません。


2. サブポリゴン変位は、レンダラーの内部でポリゴンを細かく分割する機能です。したがって、大きなオブジェクトの一部にエンボスを打とうとすると、オブジェクト全体が細かく分割され、非常に重くなるか、レンダリングできなくなります。

 たとえば、自動車のボディーの一部にエンボスを打つような場合です。このような場合は、目立たない部分でボディーを分割し、エンボスを打つ部分だけが細分化されるようにして下さい。


3. テクスチャを適当にぼかして下さい。

 サブポリゴン変位はポリゴンを細かく分割しますが、文字に沿って分割してくれるわけではありません。したがって、エッジがシャープなテクスチャを使うと、エッジ部分にギザギザが発生します。
http://www2.11moon.com/sample_files/201 ... mboss2.jpg

 これは、Photoshopのアンチエイリアスに似た現象です。解像度が低い画像でシャープなエッジを表現しようとすると、ギザギザが目立ちますが、エッジをぼかすと目立たなくなります。

 
 CINEMA 4Dにはテクスチャをぼかすフィルタが入っていますが、この機能はサブポリゴン変位では働きません。しかし、CINEMA 4Dにはテクスチャをシャープにする「カラー変換」シェーダが入っていて、これはサブポリゴン変位で正しく働きます。

 ですから、エンボス用のテクスチャを作る場合は、Photoshopでガウスぼかし等を使って「少し強め」にぼかして下さい。そして、これをCINEMA 4Dの中で必要に応じてシャープにして使います。


 サンプルでは、そのままでは使えない程ぼかしたテクスチャを元にして、変位チャンネルでは、上と下を切り、アルファチャンネルでは下だけを切って使っています。

 このようにしておけば、文字のエンボス形状や切り抜き位置を変えるためにいちいちPhotoshopに戻って作業し直す必要はありません。