Our Blog

Laubwerk Plants Kit 1.0.9にアップデート

常に製品を向上させるLaubwerkは、今回のアップデートでマテリアルシステムを向上させました。透過やV-Ray 2-sideマテリアル、グロッシーな反射などをサポート。また、Laubwerkブラウザでは、マテリアルの品質を3種類(低・中・高)選べます。Plants Kit 1〜4および無料版もすべてのアップデートされ、テクスチャの質も向上しています。また、Plants Kit 1と2についてはモデルの品質も向上しています。
また、Windows上ではPythonを使ってインポートも行えるようになりました。LightwaveやVue、Houdini、BlenderなどPython 2.7もしくは3.3をサポートしたアプリケーションで独自のインポータを作成することでLaubwerk Plants Kitを読み込めるようになります。作成に関するドキュメント(英語)もインストールされます。

CINEMA 4D版での機能向上点

・ビューポートでのパフォーマンスが向上しました。
・シーンを開いた場合のパフォーマンスが向上しました。
・Mac版とWindows版でデータをスムーズにやり取りできるようになりました。
・NVIDIA mental ray と iray (m4d)をサポートしました。
※現在分かっている問題: VRAYforC4D 1.9.0 では、Laubwerkのマテリアルを自動設定した場合、テクスチャがロードされません。現状シーンを保存して読み込み直せば解消します。もしくは、シーンのすべてのテクスチャパススロットを再入力すれば解消されます。この問題はVRAYforC4D 1.8.xでは起こりません。

3ds Max / 3ds Max Designでの機能向上点

・3ds Max および 3ds Max Design 2015をサポートしました。

Tags:

This is a unique website which will require a more modern browser to work! Please upgrade today!