プラグイン」カテゴリーアーカイブ

U-Render: 被写界深度の向上をはじめとする様々な改良

U-RENDER 2021.6では、被写界深度(DOF)の強化などが行われています。

いいボケ味・ベータ

良いニュースは、U-RENDERが成長し続けていることです。最新のリリースでは、前景と背景を喜和田させるようになる大幅に改善された被写界深度の効果を提供します。この改良の大きな利点は、レンズボケのサポートです。多角形とカスタムイメージの両方がボケに対応しています。

追加されたHDR環境プリセット もぜひご活用ください。イメージベースド・ライティングを使用した迅速な照明設定の選択肢が増えました。

そして最後に、U-RENDER 2021.6では、Cinema 4D S24をサポートし、完全に統合された高品質のリアルタイムレンダリングを可能にする新しいDirectXビューポート統合(ベータ版)を提供しています。

被写界深度の改善

Improved Depth of Field Example

改善されたDOFによるロボット・キャット(モデル提供:Sketchfab

被写界深度(DOF)とは、シーンの中で最も強調したい部分に視聴者のフォーカスを向けることができるというものです。

DOFは、画像をぼかすために自由に使える最も重要なツールの一つです。U-RENDERのDOFがリアルタイムを行えることを知れば、あなたが得られる大きなメリットを想像できるでしょう。あらゆる種類の変化が即座に表示され、待ち時間なしに、シーンのピントの微調整ができます。

画像の一部をシャープにしたり、ピンボケにしたりする方法を知っていると、魅力的な結果を得るために役立つスキルです。

DOFによる前後のボケを是非活用ください。

前景と背景の分離は、被写界深度特有のものです。これは、背景がボケていると、前景にピントが来ているため、背景から分離されることを意味します。このツールの最大の利点は、シーンの臨場感を高めることです。

ボケ味は、レンズがさまざまな色を屈折させ、色のズレを生じさせています。円やポリゴンなどの図形や、色付きのボケテクスチャとして使うことができ、レンダリングの全体的な印象を変えることができます。

Fast Bokeh

高速なボケ

U-RENDERのリアルタイム被写界深度とは?

ぜひお試しください。このチュートリアルで説明されている簡単なステップで、DOFの向上の効果を直接試すことができます。 https://player.vimeo.com/video/561781368

HDRのプリセットの追加

このリリースには、3つの新しいHDR環境プリセットが含まれています。このプリセットは、ビューポートの「レンダリング設定」>「環境」タブ>「環境マップ」>「プリセット」で確認できます。

Screenshot viewport additional HDR environment presets

HDRの環境マップはドロップダウンメニューから選べます

「秋の森」、「寒冷地と温暖地」、「色のついた泡」は、新しい環境マップで、シーンに追加することで、迅速な照明設定、美しい反射、イメージベースの照明を行うことができます。「木目」の環境はすでに用意されており、設定で自由に使うことができます。

Additional HDR environment presets in comparison

U-RENDERに3種類のHDR Environmentsマップが追加されました。

全体的な改善

いつものように、常にいくつかの問題を修正し、全体的なワークフローを改善しています。

この最新リリースでは、Cinema 4DプラグインのU-RENDER ライトコマンド で、shiftキーとaltキーモディファイアを使用して、作成した光源をオブジェクトマネージャで親または子として配置できるように改善しました。

マテリアルのプリセット は、マテリアルマネージャのU-RENDERメニューや、作成メニューからも利用できるようになりました。さらに、マテリアルには、Cinema 4Dビューポートのために、テクスチャプレビューの解像度を上げる オプションが追加されました。

これ以外にもあります。

今回のアップデートの詳細をご覧ください。リリースノートを読む

U-Renderが、Cinema 4Dの統合のユーザーエクスペリエンスを向上

新レイアウトとスマートマテリアルプリセット

株式会社ティー・エム・エスは、オーストリアにあるU-RENDER Visual Technology GmbHが開発したリアルタイムレンダリングエンジン「U-RENDER」の最新アップデートを発表しました。

U-RENDERは、レンダリング設定、マテリアル、ライトのデフォルト値の見直しと新しいレイアウトを導入することで、Cinema 4Dの完全統合におけるユーザーエクスペリエンスを向上させました

これによりレンダリング品質は、より少ないステップで高品質に仕上げられます。

簡単かつスピーディに調整できるマテリアルタイプの新しいスマートマテリアルプリセットが追加されました。このスマートプリセットは、少ないパラメータでマテリアルの微調整ができます。このプリセットをアドバンストマテリアルに変換して、より細かい調整も行えます。

マテリアルプレビューシーンの切り替え時にマテリアルが正しく割り当てられるようになり、ライブモードがオンの場合でもマテリアルプレビューがレンダリングされるようになりました。

さらに、正確でリアルなオブジェクトを作成する可能性を高めるために、マテリアルタイプの数が増加しました。

リアルタイムソフトウェアU-RENDERの新バージョンでは、さらにいくつかの改良と変更が加えられています。ボリュームメトリクスとスクリーンスペース反射の間の相互作用を改善し、GPUシェーダーを並行してコンパイルすることでレンダラーの起動時間を短縮しました。

さらに、ワークフロー全体を改善するために、他の多くの小さな改善と修正を行いました。

「Cinema 4Dの統合におけるクオリティ・オブ・ライフとユーザーの満足度の向上は、私たちにとって基礎というべきものです。安定したCinema 4Dへの完全統合後、お客様のニーズや好みに限りなく近づけるために、ユーザーエクスペリエンスの改善を優先した結果が今回のリリースです」と、U-RENDER COOのベンジャミン・プラダーは述べています。

Greyscalegorilla製品の取り扱い終了について

弊社で、販売代理店業務を行っておりましたGreyscalegorilla製品は、同社のサブスクリプション移行に伴い、弊社での取り扱いが終了となりました。

弊社よりご購入されたお客様の製品のサポートにつきましては、引き続き行います。

よろしくお願いいたします。

為替変動にともなう価格改定(値下げ)のお知らせ

株式会社ティー・エム・エスでは、昨今の為替変動を鑑み、9月1日(木)より、下記のメーカーの製品の標準小売価格を値下げすることにいたしました。

  • cebas Visual Technology
  • Jawset: TurbulenceFD for Cinema 4D
  • Lightmap: HDR Light Studio
  • Navie Effex
  • Laubwerk Plants Kit

cebas製品の価格改訂のお知らせ

昨今の円安の影響により、現在の価格を維持するのが困難となったため、cebas製品の価格を9月1日からのご注文より価格を変更させて頂きます。

こちら何卒ご理解頂ければと思います。

価格表 (税別価格) 旧価格 新価格
Thinking Particles R6 サブスクリプション契約 (1年間) ¥75,000 ¥83,000
Thinking Particles R6 シミュレーションライセンス サブスクリプション契約 (1年間) ¥23,000 ¥23,000
MoskitoRender 通常版 ¥37,000
MoskitoRender サブスクリプション契約 (1年間) ¥15,000
Volume Breaker ¥42,000 ¥50,000
finalRender 3.5 SE (fialToon 3.5 付) ¥136,000 ¥162,000
finalRender R3 + finalToon stage-1 R3スタジオ からR3.5 スタジオへアップグレード ¥26,000 ¥31,000
finalRender R3 + finalToon stage-1 R3 スタンダードからR3.5 スタジオへアップグレード ¥37,000 ¥43,000
finalRender R2 + finalToon R2 からR3.5 スタジオへアップグレード ¥90,000 ¥107,000
finalToon R3.5 ¥52,000 ¥62,000
finalToon R3から R3.5へアップグレード ¥10,000 ¥12,000
finalToon R2から R3.5へアップグレード ¥28,000 ¥33,000
PyroCluster 3.5 ¥37,000 ¥43,000
PSD-manager 3 ¥20,000 ¥24,000
PSD-manager 2から PSD-manager 3 へアップグレード ¥8,000 ¥10,000
ScalpelMAX2.0 ¥16,000 ¥19,000

Xfrog取り扱い終了および在庫処分セールのお知らせ

株式会社ティー・エム・エスでは、この度2015年4月1日を持ってXfrog社のプラグインおよび素材集の取り扱いを終了しました。
弊社よりご購入されたXfrog製品のサポートについては、2015年12月31日までとさせていただきます。

また取り扱い終了に伴い、現在弊社で所有しているXfrog製品をアプリケーション・素材集を含め在庫処分セールとして、全Xfrog製品を一律5,000円(税別)にて販売させていただきます。在庫限りとなりますので、在庫がなくなり次第販売終了となります。

在庫処分セールの製品については、キャンペーン商品のためサポートはインストールとライセンス発行に関してのみとなります。予めご了承ください。

何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

プレスリリース: thinkingParticles 6をリリース

ニュースリリース — リリース —

流体をサポートーしたエフェクトツールthinkingParticles 6が、
サブスクリプションモデルでリリース

2014年10月21日—-株式会社ティー・エム・エス(東京都品川区、代表取締役フリック・マンフレート・R)は、世界をリードするCGアニメとVFXソフトウェアの開発企業であるcebas Visual Technology Incの製品である「thikingParticles 6英語版」を、本日より発売することを発表しました。thinkingParticles™はcebasの主力プラグイン製品で、完全なプロシージャル、正確なフィジックス、リアルな破壊、映画業界のVFXシミュレーションなどで知られています。数えきれないほどのヒット映画やプロジェクトで、thinkingParticlesの高度なフィジックスのパーティクル効果は、人々を魅了しています。。新バージョンでは、完全にプロシージャルな流体ダイナミクスとソフトボディシミュレーションを搭載。マルチフィジックス効果でどんなエフェクトでも作成できます。
今回からライセンスモデルが変更され、1年間のサブスクリプションモデルでの提供になります。これにより、少ない初期投資でプロジェクトを始めたり、プロジェクトの規模に応じてライセンスを一時的に増やすことができます。

主な新機能

Shape オペレータノード: 新しくデザインされたシェイプオペレータノードにより、パーティクルクラウドの密度を表現したisoサーフェイス(等位面)を生成し、3Dの流体パーティクル効果のサーフェイスの作成に使えます。
Multi-Physics Fluid Solver: マルチフィジックスの流体ダイナミクスにより、ソフトボディとリジッドボディ、パーティクル間のプロシージャルなジョイントの相互作用に対応。水上の船舶が破壊されるシーンも一つのツールで行えます。
新しくなった解析ツール: リアルタイム解析は、パーティクルセットのPositionBornの追跡、emitterpaths、TrailBorn, FlowGroupsの時間間隔のキャプチャなどユーザーはいろいろな制御と調整が行えます。
SnapShotオペレータ: Generatorノードは、どんな数のパーティクルで形成された形状をメッシュスナップショットとしてプロシージャルに作成。シミュレーションした複雑な全体をひとつの大きなパーティクルとして使えます。
距離ベースのTrailBorn: プロシージャルとパーティクルモデリングをベースとした複雑な構造をインタラクティブで簡単に作成できます。
ContactPointsジョイントの作成: フィジックスシミュレーションを持ったジョイントの生成が改善。メッシュの数に関わらず、オブジェクトが近接するポイントにジョイントを配置してジョイントの動きをシミュレートします。
GeomContactの改善: オブジェクトの選択ポイント間の位置を出力し、プロシージャルに接続します。これにより、ユーザーにより自由に環境に応じてオブジェクトの変更をコントロールすることができます。
フィジックスパラメータの操作: 新しい統合マルチフィジックスソルバーは、アーティストがフィジックスシミュレーションセットアップのオプションを通じてパーティクルに独立したシミュレーションのパラメータを与えられます。
スプラインモデリング: 新しいノードにより、プロシージャルなスプラインモデリングが行えます。選択したサーフェイスに沿ってスプラインパーティクルのネットワークを自動的に生成できます。

価格

thinkingParticles 6通常版サブスクリプション1年間
標準小売価格 75,000円(税別)
※過去のバージョンからのアップグレードはありません。

【開発元】

cebas Visual Technology Inc. http://www.cebas.com/

【国内輸入元代理店】

株式会社ティー・エム・エス

Tel. 03-5759-0320
https://www.tmsmedia.co.jp/

1994年に創設され、東京都品川区に拠点を置き、映像機器、映像関係ソフトウェアの輸入販売を行っています。MAXON Computer社(ドイツ)、Dosch Design社(ドイツ)、cebas Visual Technology社(ドイツ)製品の販売代理店です。

【報道関係者お問い合わせ】

広報担当:宮田 敏英
miyata@tmsmedia.co.jp
Tel. 03-5759-0320

Laubwerk Plants Kit 1.0.9にアップデート

常に製品を向上させるLaubwerkは、今回のアップデートでマテリアルシステムを向上させました。透過やV-Ray 2-sideマテリアル、グロッシーな反射などをサポート。また、Laubwerkブラウザでは、マテリアルの品質を3種類(低・中・高)選べます。Plants Kit 1〜4および無料版もすべてのアップデートされ、テクスチャの質も向上しています。また、Plants Kit 1と2についてはモデルの品質も向上しています。
また、Windows上ではPythonを使ってインポートも行えるようになりました。LightwaveやVue、Houdini、BlenderなどPython 2.7もしくは3.3をサポートしたアプリケーションで独自のインポータを作成することでLaubwerk Plants Kitを読み込めるようになります。作成に関するドキュメント(英語)もインストールされます。

CINEMA 4D版での機能向上点

・ビューポートでのパフォーマンスが向上しました。
・シーンを開いた場合のパフォーマンスが向上しました。
・Mac版とWindows版でデータをスムーズにやり取りできるようになりました。
・NVIDIA mental ray と iray (m4d)をサポートしました。
※現在分かっている問題: VRAYforC4D 1.9.0 では、Laubwerkのマテリアルを自動設定した場合、テクスチャがロードされません。現状シーンを保存して読み込み直せば解消します。もしくは、シーンのすべてのテクスチャパススロットを再入力すれば解消されます。この問題はVRAYforC4D 1.8.xでは起こりません。

3ds Max / 3ds Max Designでの機能向上点

・3ds Max および 3ds Max Design 2015をサポートしました。

3ds Max 2015対応のPSD-manager、volumeBreaker、ScalpelMaxを公開

[vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”] cebas Visual Technologyは、3ds Max 2015対応のPSD-manager、volumeBreaker、ScalpelMaxを公開しました。 PSD-managerは、こちらからダウンロード可能です。 volumeBreaker、ScalpelMaxは、cebas product managerからダウンロード可能です。 [/vc_column_text]

亜熱帯植物を収録した樹木素材プラグイン「Laubwerk Plants Kit 4」をリリース

ニュースリリース

亜熱帯植物を収録した樹木素材プラグイン
「Laubwerk Plants Kit 4」をリリース

2014年4月22日 – 株式会社ティー・エム・エス(東京都品川区、代表取締役フリック・マンフレート・R)は、樹木の3Dデータのエキスパート企業であるLaubwerk GmbHのの3Dの樹木作成ツールの「Laubwerk Plants Kit 4」の発売を開始しました。

「Laubwerk Plants Kit」は、MAXON CINEMA 4DおよびAutodesk 3dsmax用のプラグインでリアルな樹木をとても簡単に3Dのシーンに追加できます。Plants Kit 4では、地中海性気候や亜熱帯に生息する植物を10種類収録しています。

イトスギやユキツバキなど日本でもおなじみの植物が収録されており、花や実まで細かくモデリングされています。

「これはまさに、手がけている地中海のプロジェクトにぴったりの製品です! Laubwerkは、我々の要望を叶えてくれました。亜熱帯のCGの樹木は汎用性が高いですし、季節や成長度合い、形状のバリエーションが豊富で、細かく調整が可能です。これまでのシリーズと組み合わせることで、仕事がはかどり私たちのクライアントもきっと喜んでくれることでしょう」(ビジュアライゼーションのスペシャリストでArscom StudioのクリエイティブディレクターKizo氏談)

「私は、自然やCGにかからわず植物の形状やパターン、色にいつも魅了されています。新しいLaubwerk Plantでは、より自然見えるように仕上げています」(Laubwerk シニア3Dアーティスト Jan Walter Schliep)

Plant Kit 4は、街路樹や 庭木として道路や公園、庭になどの添景として最適な樹木ばかりを集めています。収録されている樹木は、ネムノキ、ユキツバキ、オレンジ、イトスギ、アメリカデイゴ、ポフツカワ、フェニックス、イタリアカサマツ、ザクロ、フサアカシアとなっています。

■製品

各製品には、CINEMA 4Dおよび3dsmax用のプラグインが付属しています。標準レンダラー、V-Ray®、mental ray®、VRAYforC4D用にマテリアルが最適化されたものが付属しています。

Laubwerk 3D PLANTS KIT 4 標準小売価格 25,200円(税込)

収録樹木: ネムノキ、ユキツバキ、オレンジ、イトスギ、アメリカデイゴ、ポフツカワ、フェニックス、イタリアカサマツ、ザクロ、フサアカシア

 

Laubwerk GmbHについて:

2010年に設立されたLaubwerkは、ベルリン生まれでポツダムに拠点を置くCGソフトウェア企業で、一般的な3Dソフトウェアプラットフォームで作業をしながら3D植物モデルも必要とする建築家やCGアーティストに迅速で巧みなソリューションを提供しています。Laubwerkは、必要な時間と手間は最小限で、最高のディテールと管理しやすさを備えた、本物そっくりの植物を提供することにより、技術的にも品質的にも新しい基準を打ち立てました。 (www.laubwerk.com

【国内輸入元代理店】

株式会社ティー・エム・エス  Tel. 03-5759-0320  https://www.tmsmedia.co.jp/

1994年に創設され、東京都品川区に拠点を置き、映像機器、映像関係ソフトウェアの輸入販売を行っています。MAXON Computer社(ドイツ)、Dosch Design社(ドイツ)、cebas computer社(ドイツ)製品の販売代理店です。